口コミ

おなか革命の私の口コミ。食事減でも便はドッサリ。その理由とは!?

 

腸活サプリのおなか革命を購入してみました。

 

おなか革命のパッケージの内容や、本体の様子、効果の実感など、おなか革命を1か月つかってみた、私の口コミをレビューします。

 

 

おなか革命をレビュー

おなか革命のパッケージ情報

おなか革命はMADE IN JAPANだけど・・・

おなか革命はメイドインジャパン

 

おなか革命は、国産(Made in Japan)サプリです。

 

しかし、材料は原材料表記の主成分である、『穀物発酵エキス末』はインドで作られています。

 

これは、穀物発酵エキス末(ダイジェザイム)を作っているのは、おなか革命のメーカーとは異なるメーカーだからです。

 

サビンサコーポレーションという会社で、国際企業です。

 

おなか革命の栄養成分表示

 

おなか革命の栄養成分表示

 

おなか革命の栄養成分表示

栄養成分表示(1粒231mg)あたり
エネルギー 0.89kcal
たんぱく質 0.03g
脂質 0.01g
炭水化物 0.18g
食塩相当量 0.004g

 

カロリーはほとんどありません。

 

栄養素としては、炭水化物が最も多いです。

 

おなか革命の主成分である『穀物発酵エキス末』が炭水化物を多く含むのだと思います。

 

次に多いたんぱく質は、2番目に多くふくまれている成分である、『大豆抽出物(イソフラボン含有)』由来のものだと想像します。

 

おなか革命の成分表示(原材料表示)

おなか革命の原材料表示

 

原材料表示

  • 穀物発酵エキス末(植物発酵エキス、マルトデキストリン)(小麦含む)(インド製造)
  • 大豆抽出物(イソフラボン含有)
  • 乳酸菌末(乳酸菌(殺菌)、デキストリン)(乳成分含む)
  • 亜鉛含有酵母
  • 乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)
  • ビートオリゴ糖(ラフィノース)
  • 有胞子性乳酸菌
  • 難消化性デキストリン
  • HPMC
  • 結晶セルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 二酸化ケイ素

 

おなか革命の成分についての詳細は、別の記事でまとめようと思います。

 

パッケージの表側のアピール事項

日本成人病予防協会推奨品

 

【品質・安全性の証】日本成人病予防協会推奨品とでかでかとアピールされています。

 

日本成人病予防協会について調べてみたところ、NPO法人(特定非営利活動法人)でした。

 

健康管理士という民間資格をあつかっている団体です。

 

健康管理士は民間資格ですが、履歴書にも書くことが出来る資格とのことです。

 

日本成人病予防協会はそれなりにしっかりしたNPO法人のようだと思いました。

 

しかし、日本成人病予防協会のHPに『おなか革命』の情報があるかと思い、確認してみましたが、残念ながら、『おなか革命』の情報についてはHPでとり上げてはいないようでした。

 

日本成人病予防協会のHPは以下のリンクです。

 

おなか革命の注目成分

おなか革命の注目成分

 

おなか革命の注目成分

  • 難消化性デキストリン
  • ダイジェサイム
  • 亜鉛酵母
  • ナノ型乳酸菌nEF(乳酸菌3張虎/一袋当たり)
  • 有胞子性乳酸菌
  • 乳酸菌生産物質
  • オリゴ糖
  • 大豆イソフラボン

 

おなか革命の効果の中核をなす注目成分は、この8つのようです。

 

それぞれの意味については、別の記事でまとめます。

 

おなか革命のサプリメント本体

サプリメントの中身は?

おなか革命の中身

 

おなか革命の中身は、こんな感じです。

 

カプセルがちょうど30粒入っています。

 

一日に1回、寝る前に飲むので、ちょうど30日分です。

 

サプリメントの大きさ・重さ

 

サプリメントの大きさは5mm×13mm×5mm(縦・横・高さ)のカプセルです。

 

おなか革命のカプセルの大きさ比較

 

頭痛の薬と一緒に飲む、胃薬のカプセルと比較してみたら、おなか革命のカプセルの方がちょっとだけ大きいです。

 

実際に飲んでみた感じでは、おなか革命のカプセルは、特に飲みにくくは感じませんでした。

 

みんなの口コミでも、カプセルは飲みやすい大きさだという評価でした。

 

 

また、サプリメントの重さは、1つあたり、0.231gです。

 

パッケージの栄養成分表示に記載してありました。(自分でも測ってみましたが、約0.25gでした。)

 

おなか革命を飲む量は、1日1粒で良いとのことですが、こんなに少量で本当に効くのか疑問に思ってしまいます。

 

しかし、おなか革命を飲み始めてから、お通じの量が倍増しています。

 

おなか革命の効果だと思われますが、1gにも満たないサプリメントで効果が出るのは不思議な感じですね。

 

おなか革命のカプセルについて

おなか革命に使われているHPMCカプセルって?

おなか革命のカプセルを開いてみた

 

おなか革命は白く見えるサプリですが、実は、白いのはカプセルの中身でして、カプセルじたいは透明です。

 

透明なカプセルって、中に入っているものが良く見えるし、着色料が使われていない証拠なので、私は好きです。

 

このカプセルの素材についてですがHPMCカプセルというタイプのものになります。

 

HPMCカプセルは、食物繊維由来のカプセルで、ノンカロリーという特徴があります。

 

巷でもっとも多く使われているカプセルの素材は、『ゼラチン』ですが、こちらはHPMCカプセルとちがい、動物由来の成分からできたカプセルです。

 

HPMCのカプセルは、ゼラチンのカプセルより、湿気に強いようです。

 

他にも、ゼラチンはまれにアレルギーを示す方がいます。

 

HPMCのカプセルは、ゼラチンのアレルギーのある方でも使えるのがポイントです。

 

HPMCカプセルの成分は?

hpmcカプセルの成分

 

HPMCカプセルの成分は、おなか革命の原材料表記の『/』記号より後の成分になります。

 

『HPMC・結晶セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・二酸化ケイ素』の4つです。

 

原材料表記を見て、おなか革命に含まれている成分に、化学的なものが含まれているのが、少し気になっていましたが、これらの4つは、カプセルの成分でした。

 

HPMCというのは、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの略で、食品添加物です。

 

セルロースなので、植物の細胞壁由来の成分です。

 

カプセルの中の粉末の味は?

 

おなか革命のカプセルの中の白い粉の味は、若干塩気のある穀物という感じでした。

 

上新粉とか米粉とかそんな感じの味と口当たりでした。

 

おなか革命の成分を確認してみたところ、『穀物発酵エキス末』と『大豆抽出物』が成分含有量のTOP2ですので、きっとその味ですね。

 

サプリメントの味の印象としては、薬っぽさはなく、まさに食品でした。

 

おなか革命を水に溶かしてみた

 

おなか革命が、おなかの中でどんな感じになるか、イメージをつかむため、水に溶かしてみました。

 

動画は、おなか革命を水に投入して2時間後の様子です。

 

カプセルが破れて、大小さまざまな大きさの粒々が水に溶けだしています。

 

大小さまざまな粒が、沈んでは浮かんで、かってに循環がおこっているようでした。

 

 

 

おなか革命を水に入れた様子

 

カプセルはけっこう丈夫で、水に投入して、1時間くらいでは、カプセルは破れませんでした。

 

おなか革命を水に入れて2時間後の様子

 

カプセルが破れ始めて、細かい粒が水にとけはじめました。

 

おなか革命を水に溶かして3時間後の様子

 

水に投入してから、3時間後には、溶けきって、スポーツドリンクのような透明な溶液になりました。

 

しかし、完全に溶け切らずに水の上に浮いているものや、沈んでいる成分も少し見うけられました。

 

数日間このままで置いてみましたが、分離することなく、同じ状態でした。

 

また、写真では分かりませんが、少しとろみがついています。

 

おそらく、おなか革命に含まれている『難消化性デキストリン』やおなか革命のカプセルの成分である、『HMPC』が、とろみのもとになっているのだと思います。

 

この溶液の中に1000億個以上の乳酸菌がひしめいているんですね。 (・o・)

 

 

 

おなか革命を1か月使ってみての感想【私の口コミ】

 

1日1回、夜に飲む形で、おなか革命を1か月使ってみました。

 

効果の実感としては、こんな感じになりました。

 

実感① 一回の便の量とトイレに行く回数がとても増えた

 

汚い話で申し訳ありませんが、おなか革命を飲み始めて、一回の便の量とトイレに行く回数が倍増しています。

 

ご飯を食べる量は増えたわけではありません。

 

むしろ、せっかくだからダイエットもしようと思い、少し減らしています。

 

それなのに量と回数がとても増えています。

 

おなか革命を飲む前は、トイレには、朝1~2回行くだけでした。

 

それが、おなか革命を飲み始めてから、朝は必ず2回行きたくなって、昼と、夕方も行きます。

 

何度もトイレに行くからといって、一回に出る量が少ないわけではありません。

 

なぜ、こんな状態になっているのか、とても不思議です。

 

その理由を考えてみました。

 

便の量がふえた理由とは!?【考察】

 

突然ですが、便って何から出来ているかご存じですか?

 

ふつうは、食べたものが便になると思いますよね。

 

だけど、実は、便の中で、食べたものが占める割合は、なんと5%ほどしかないそうです。

 

残りの95%は、水60%、腸の細胞の死骸15~20%、腸内細菌の死骸10~15%からなります。

 

 

このなかで、おなか革命を飲んだことで、関係がありそうなのは、『腸内細菌の死骸』です。

 

『腸の細胞の死骸』に関しては、おなか革命とは、あまり関係なさそうです。

 

おなか革命を飲んだからといって、腸の細胞の生まれ変わりのサイクルが早くなるなんてことは無さそうですからね。

 

 

つまり、おなか革命を飲み始めて、便の量がふえた理由は、腸内細菌の死骸が増えたからである可能性が高そうです。

 

腸内細菌の死骸が増えたことが、良い事か悪い事かは、ちょっとわかりません。

 

しかし、腸内のフローラ(腸内細菌の勢力図)に大きな変化がおきていることは確かです。

 

 

おなか革命に含まれている、1000億個以上の乳酸菌が、腸内にはびこっている悪玉菌と戦った結果だとしたら嬉しいですね・・・

 

もう少しつづけてみないと評価が難しいところです。

 

実感② たまになる軟便や下痢が起きていない

 

わたしは、便秘はめったにしないですが、ちょっとしたことで、軟便や下痢をしがちになるタイプです。

 

軟便や下痢をするときは、おなかの痛みやスッキリしない感じがあって辛いです。

 

そのような軟便や下痢は、おなか革命を使い始めたこの1か月は、起きていません。

 

おなかの調子が、整えられている気がします。

 

実感③ 飲み始めの数日は、強いおなかの動きを感じた

 

おなか革命を飲み始めて、数日間は、強いおなかの動きを感じました。

 

ガスが出るわけでもないんですが、おなかが張る感じがありました。(みんなの口コミでは、ガスがたくさん出たという報告もありました。)

 

腸がグルグルと動く感じが、感覚として実感できるのは不思議な体験でした。

 

数日すると、そこまでの、おなかの動きを感じなくなりました。

 

わたしと同じような体験をされた方は、口コミをみていると、何人もいらっしゃったので、わたしだけの体験では無いです。

 

どうして、このような変化がおきるのか、考えてみましたが、よくわかりません。

 

なにか、出し切れずに溜まっているものがあって、それを出すために、このような動きをしたのでしょうか?

 

実感④ その他

 

みんなの口コミでは、『肌のコンディションの変化』や、『体調の変化』についての効果の実感が報告されていました。

 

しかし、それらについては、わたしは、なんとなくそんな気もするかな?程度の実感です。

 

お肌には、艶が出てきていて、栄養のめぐりが良いように感じますが、あいかわらず吹き出物は出てしまっています。

 

また、体調の変化については、多少、元気が出てきたかな?くらいの感じです。

 

まとめ【私の口コミ】

 

おなか革命をつかい始めて、一番はっきりした実感があったのは、便の量が増えたことでした。

 

便の量が増えたというのは、腸内細菌の状態が変化している客観的な証拠と考えてよさそうだと思います。

 

残念ながら、1か月ほど使っただけでは、あまり大きな体調の変化は、感じられませんでした。

 

ですが、腸内環境が変化していることが客観的にわかりましたので、腸活のやりがいを感じることが出来ています。

 

腸内環境との付き合いは、一生の話なので、気長にやる事が大切ですね。

 

 

\ 公式サイトはこちら/

8つの厳選成分で内側から身体環境を整える【 おなか革命 】

RECOMMEND

1

  腸活サプリのおなか革命を購入してみました。   おなか革命のパッケージの内容や、本体の様子、効果の実感など、おなか革命を1か月つかってみた、私の口コミをレビューします。 &nb ...

2

  おなか革命の口コミをまとめました。   600以上のレビューの中から、参考になった32の口コミを厳選しました。   おなか革命は、@コスメでは、口コミが600件を超え ...

-口コミ

Copyright© おなか革命徹底レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.